smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

美に耽る その3

焼きものを拝見し、織物について勉強したあとは
宇治の「ナナクモ」さんで開催されている上映会へ。

朽木村で30年にわたってフィールドワークされていた
丸谷先生のドキュメンタリー映像を拝見し
お話を伺ってきました。

昔の山村の暮らしと
とても示唆にとんだお話に
いろいろ考えさせられるものがありました。

一番印象的だったのは
村の人たちとの対話を続けていくうちに
「狐や狸に化かされてしまった」
「トチノキの声が聞こえた」
という話がでなくなった時期が共通している
ということ。

それは昭和40年頃なのだそうです。
日本は東京オリンピックから、大阪万博にかけての10年で
大きく姿を変えてしまったのだろう、ということでした。

そしてわたしたちは
便利と快適さと引き換えに、自然と対話する能力を失ってしまった。

以前別の方に
「樹木が目覚める声を聞いたことがある?」
と問われたことがあります。
夜眠りについていた樹木は、夜明けとともに目覚めるのだそうで、そのとき一気にお水を吸い上げるので音がするのだそうです。
そのお話を伺ったとき
「自然と共生できていないのは人間だけだ」
とおっしゃっていたことが印象的でした。

こういうのを信じる、信じないは人それぞれですが
実は、わたしは、一度ならず街路にある銀杏の木に優しくしてもらったことがあるのです。
ただの偶然だったかもしれない。
少女めいたわたしの感受性が勝手にキャッチした絵空事かも知れない。
なのであまり人に話しすることは無いのですが
でも……実感として「本当に優しく慰めてもらった」という印象なんですよね。

なので先生が
「昔の村人のお話では、トチノキは人々に『美味しい実をたくさんあげよう』と語ったそうです」
とおっしゃったのがとても腑に落ちました。

ホントは言葉じゃないんだけろうけど、きっと。
樹木と人々の思いが通じ合った一瞬があったんだろうな…
そんな風に思います。

ナナクモさんは、写真家の森さんのお店。
森さんが自主制作している
『Japan graph』(日本各地の魅力を掘り起こした素敵なグラフ誌)や
日本各地の素敵なやきものなどを販売するほか
アーティストの展覧会やイベントなどを開催されています。

友人たちと手直しした古い家屋がとても素敵で
どこをとってもフォトジェニック。
さすが写真家さんだなあ…と思います。
何度も伺っていますが、行けば行くほど好きになります。

この日は森さんが笠置の山で見つけて来た
八重のガクアジサイがとても美しかった。
花器と後ろの土壁が、本当にマッチして絵になっていました。

27ナナクモアジサイ

ああ…こんなふうな場所で
毎日こんな美しい物を眺めながら
物書きをして暮らしてゆきたいな……

と思いました。

まだまだ先は遠い。
書きたいもの、やりたいもの、やるべきことが山積みで
とうてい余裕はないけれど
いつか、こういう秘密基地を
わたしもゲットしたいものです。

美に耽る その2

朝日焼の美の世界に浸った後は
光峯錦織工房で開催されている織物サロンへ。

この日のテーマは「紋意匠図」。
長く紋意匠の仕事をされている匠の方に
織物設計図や織物制作のお話を伺うことができました。

27龍村


図案をおこし、機械織の設計を作るのが紋意匠の職人さんのお仕事ですが、単に絵が上手なだけではこのお仕事はつとまりません。

織物のしくみを熟知し
組織(織り方)の仕上がりの風合いや見た目の特長
糸の個性
織り上げたときの色の効果などを配慮して
よい設計をつくらないと、よい織物にすることはできないのだそうです。

工房にはそれらの技術の結晶ともいえる
美しい織物が飾られており
見惚れるばかりでした。
思い出してもドキドキします…!

手織りでも難しいのに
自動織機となるとさらに仕組みを理解するのが難しく
「?」「?」「?」の連続です……
これからも地道に織物のことを勉強していこうと思いました。

サロンには5月に開催したいとへんuniverseのイベントに
来てくれた西陣織の織師さんたちも見えていて
久しぶりに再会も果たせました。

みんなそれぞれに頑張ってて素敵だなあ……としみじみ。
わたしも頑張ろ!

美に耽る その1

先週の土曜に、朝日焼の展示会を拝見してきました。

27朝日焼


朝日焼は宇治に400年続く窯元で、代々宇治の土でやきものを作っておられます。
会場には、当代の豊斎先生と長男祐典さんの作品が並んでいました。

美しく繊細かつ品のある当代の作品と
少々荒削りながら自分の世界を極めようとしている息子さんの作品と。
おふたりそれぞれに個性がありつつ、でもやはり朝日焼らしい何かがしっかりと共通しており
作品の余韻にひたりながら
いったいそれはどこにあるのだろうか……とずっと考えていました。

かかっている書は、当代が高円宮妃殿下から拝領したもの。
これを印にして、作品に押されています。
先生の作風と響き合う、美しくやさしい「朝日」の書でした。

 

今年もやります!

やってきました梅仕事のシーズン。

27梅

今年は張り切って
去年梅もぎ体験をした吉野の里から
有機の梅をお取り寄せしました。
さすが産地直送、スーパーで買うのと違い新鮮です。

いつもは傷んでるものを梅シロップに回しておりましたが
そんな梅は一切ありませんので
今年は思い切ってぜんぶ梅干しにしました。

先週に梅酒も仕込んだので、今年はこれで終了。
去年は他に梅シロップ、梅味噌、梅のコンポートも作りましたが
今年は仕事が忙しいため気力がわかずじまい……
そういう年もあるさ。
また来年、頑張ろうと思います。




 

今年も誕生しています

今年もベランダ生まれの青虫を育てておりまして
無事に羽化いたしました。

22アゲハ

この子は小さな頃から食いしん坊で
まるまる太った青虫だったのですが
大きな立派な蝶になってくれました。
感無量です。

今年は2匹蝶になりました。
これで一昨年から通算9匹。
10匹目の青虫クンが生まれていないか
毎日柑橘の葉っぱをチェックしています。
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ