smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2011年03月

ツヴィスト刺繍

ここ数日締切りが無かったので
久々に刺繍が楽しめました。
通っているお教室(skane club)のキットで
ツヴィスト刺繍です。
ウール糸で刺してるのでモコモコです

30ツヴィスト
  北欧の刺繍skaneclub◎デザイン:INGAHEM           

あと3枚、赤と茶色と緑で色違いバージョンが作りたいです。
(まだ完成してないのに……
すでに他のお友達から2年も遅れて刺しているのに……
我ながらどえらい野望です

は〜……やっぱり刺繍は楽しいです。
教室の宿題以外にも刺したい作品がてんこ盛り。
頑張って毎日少しずつでも刺して
着々と進めて行きたいです。

しばらくゆっくりしたんで
今日からまた原稿書きも頑張らなくっちゃーー。


カフェ「Ital Gbon」

先日取材の帰りに
久々に「Ital Gbon」さんに立ち寄りました。

わたしはここのカプチーノが大好き。
渋みが少なくてまろやかで美味しいのです。

手作りのバターサンドも
懐かしく優しい味で美味しかった〜

27アイタルガボン


最近は仕事とやりたいことが
家に山積みなので
出かけていてもそそくさと帰ることが
多かったのですが
久々に「ひとりまったりカフェ時間」を満喫しました。

友達とおしゃべりするのはもちろんですが
花や緑を眺めてぼうっとしたり
カフェでまったりする時間も
わたしにはすごく大事です。

なんでもバリバリと完璧にこなし
効率よく時間を使う人に憧れますが
わたしには到底無理だということも
最近しみじみと分かってきました。
一見無駄なのんびり時間が無いと
どうにも具合が悪いのです。

優秀な人に比べたら
とっても効率の悪い人生ですし
ナマケモノだなあ…と恥ずかしくもなります。

前は反省したり自分を変えたいと思ったりしてたんですが
今回の地震で人生観がガラッと変わってしまって
「ま、いいか。ボチボチで」
と思うようになりました。

一見肩の力が抜けたようですが
実は単にオバさん化してるだけなのかも知れませんねえ

今回の地震は
日本を大きく揺るがしたけれど
わたし自身も激しく影響を受けたと思います。
生きることや大事なもののことなど
色々考えるようになりました。

これから日本もきっと変わるだろうし
わたしも変わるかも知れません。
どう変化するにせよ
明るい明日のために
「まあええか」と呟きながら
マイペースで頑張って行くことになりそうです。





トラブル続き

先週末ダンナが駐車違反で青切符を切られました。
がーーーん……。

こんな国難のさなか
せっせと駐車違反をしょっぴいてる
大阪府警にも腹が立ちますが
しかしもちろん路駐をしたダンナが悪いのです。

罰金1万5千円也。
ああ、もったいない。
このお金を義援金にまわしたいよーーーッ!!

わたしにブチブチ言われたストレスでしょうか?
ダンナはその3日後
今度は接触事故を起こしてしまいました。

立て続けの失態にがっくり肩を落とすダンナ。
相当落ち込んでおりました
さすがに気の毒になり
今回は慰めてあげています

ダンナの会社では茨城県にある工場が
今回の地震で被災したため操業停止になっています。
毎日お客さんからの問い合わせや
納品の調整などで大忙し。
毎晩帰ってくるのも日付が変わっていて
とても大変そうです。

被災地や原発の心配に追われて
放ったらかし気味だったので
もうちょっとダンナの心配もしてあげようと思いました。



ラナンキュラスのブーケ

土曜日にYちゃん夫婦が遊びに来てくれました。

とびきり美味しい苺大福と
すてきな花束をお土産にくれました

わたしの好きなラナンキュラス。
花器に使おうと思って買った
クイストゴーのアイスペールにいけました。

3-19ラナンキュラス 


「元気の出る色がいいと思ってコレにしました」

とYちゃん。
ありがとう〜、すごーーーく嬉しかったです
元気出たよ〜!!!

大好きなお花を眺めながら
恐ろしい大地震と津波も
心癒してくれる一輪の花と同じ
自然の営みなんだなあ……としみじみしました。

ときどき自然の脅威によって辛い目に合うけど
人間は自然の恵みによって生きられるのだし
今回もずっと昔からやってきたように
ゆっくりと立ち上がるしかありませんね。
日本全体で支え合えば
きっと立ち上がれる。

昨日の朝日新聞に
原子力発電所の復旧にあたっている
日立や東芝の技術者の話が載っていました。

わたし、日本の技術者は
仕事に対する真面目さとていねいさ、正確さにおいて
間違いなく世界一だと思っているので
それを読んでものすごく心強く感じました。
ちゃんと冷却さえ続けられれば
これ以上の事態の悪化は防ぐことができるのでは無いかと。

それから偶然に
原子炉の設計者だった東芝OBの方のブログを見ました。
東京在住者が被爆を恐れて避難する必要がないことを
ていねいに解説されています。

https://sites.google.com/site/reportfujibayashi/

最後はこんな文で結ばれていました。

「どうか、厳しい現場で、命をかけて水を注入している技術者と労働者、それに関係機関の方々の無事を祈ってください。このため、自宅を離れて不便な避難生活をおくられている方々に思いを馳せて、また心にゆとりができましたら、30年から40年の長期にわたって私たちに電気を送り続け、いままさに息絶えんとするプラントたちに、お疲れ様でしたとつぶやいてください。」

「もう原発はコリゴリ」
と思いますし
これからなるべく早く
自然エネルギーへ移行をしていくべきだと思いますが
「生まれてこのかた原発にずいぶんお世話になってきた」
という事実もちゃんと自覚しとかなきゃいけないな……
と思いました。

現場で通電している方々は
このOBの方と同じように
原発という仕事を愛しておられるプロなのだろうな。
だからこそ、頑張っておられるのだろうなあ。

原子力関係の方々はもちろん
ハイパーレスキュー隊や自衛隊など
現場で奮闘するすべての方の無事を心から祈ります。
早く光明が見えて
被災地の方が安心できますように。
風評被害などが収束しますように。









元気の素

原発の事故で漏れる放射能のことで
色々な意見や言説、デマまでが飛び交い

日本は30キロ外が安全って言ってるけど
アメリカは80キロが基準だ、なんて話しまで出たり

外国人が大挙して
日本から逃げ出して行っちゃったりすると

さすがに能天気なわたしも
もや〜……と不安になります。

ホントはどうなの?
周辺は大丈夫なの??
原発のために働いている人たちは
どれくらい危険なの??
なんで東電の謝罪会見は
社長じゃなくて常務なの??

うずまく不安、疑い、暗い想像。


そんなときはコレを聞いて
元気出してます。

「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」サンボマスター



歌に散りばめられた言葉が
勇気を与えてくれます。


♪  僕らはいずれ誰かを疑っちまうから
せめて今だけ 美しい歌を歌うのさ
悲しい言葉では オーイエー
何も変わらないんだぜ

♪  新しい日々を変えるのは いじらしいほどの愛なのさ
   僕らそれを確かめ合う 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ


♪  愛と平和! 愛と平和! 愛と平和!
   悲しみで花が咲くものか!


被災した人々は
今、目の前の危機と一生懸命戦っている。
大切な人を失った悲しみ
家、財産、自分の過去が宿るものすべてを失った悲しみは
そんなにすぐに癒えるものではない。

でも関西に住むわたしは
せめてこの心意気でいたいと思う。
震災からこっち
心の痛むニュースばかりが続いて
ボディブローのように効いてきていますが……
「悲しい言葉では オーイエー
何も変わらないんだぜ」
と思って
明るい光を探して目を凝らして行きたいです。

この先すべてが落ち着いたら
新しい日本が始まる。
そのときはいじらしいほどの愛に溢れた
日本になるといいなあ。


愛に溢れた国といえば
台湾のチャリティ番組で日本に21億円の義援金が集まった話
には、本当に感激しました。

台湾の人口は約2300万人
300円もあればお腹いっぱいになれる国なのだそう。
なのにこんな金額が集まるなんて……。
感謝してもしきれません。
ありがとう、台湾の方々!

ものすごく貧しく、テロとかで大変なアフガニスタンが
日本にとって大した金額ではないと承知のうえで
寄付してくれた400万円も嬉しかったなあ……。


それから今日は

セルジオ越後さんのブログ
http://news.livedoor.com/article/detail/5423519/

ラモス瑠偉のブログ
http://ameblo.jp/ramos-ruy/entry-10834259061.html

に元気もらいました。

「帰りたい外人なんか さっさと帰れ!」

って(笑)ラモスカッコいい(涙)


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ