smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2011年08月

リサ・ラーソンのキーホルダー

今年も新潮文庫の夏のキャンペーン
「新潮文庫の100冊」の
全員プレゼントが届きました〜

2冊買って帯の応募券を送ると
誰でももらえるプレゼントです。

8-25新潮文庫


わたしは初代の「Yonda?君」キャラが好きだったので
このキャンペーンに1年目からほぼ毎年応募しています。
去年はこんなバンダナでした。

10-4 よんだ2


今年はな、な、なんと!!
リサ・ラーソンデザインのYonda?キーホルダー!!
なんて豪勢なんでしょうかッ。
北欧好きにはまたとない朗報です。

しかし今回のリサのパンダのデザインがなかなか面白い(笑)
北欧好き、リサ好きでない人が欲しいと思えるかどうかは
ちょっとビミョーなんです。

予告が出たときから
本好きの間では
このパンダが話題になってたみたい……。

25新潮文庫


ふふふ。
わたしはリサのファンですから
「きっと実物はカワイイはず!!」と思って応募しました。

さて実物はといいますと…じゃーーん、こんな感じ。

8-25新潮文庫2


面長で味のあるパンダでした(笑)

しかもコレ、キーホルダーにしてはちょっと重いんです
…景品に良くあるソフビではありません。
ひょっとして焼きものなんでしょうか……??

裏にはちゃんとサインも入ってます。

8-25新潮文庫4

すごすぎるーーー。
新潮社さん力入ってますね。


ここからの角度がカワイイ。
小さい子が畳に本を置いて一生懸命読んでるみたい。

8-25新潮文庫3


でも一番好きなのは
この背中だなーーー。
もおたまりません〜(笑)

8-25新潮文庫5

うふふふ。
見ればみるほど味が出てきますね。


ちなみに我が家にあるリサの作品は
このクマさんと……

四葉2


玄関に飾っている鳥の陶板。
結婚10周年を記念して買った宝物です

11-1リサ陶板1


あと絵本もあります。

7-21リサ2


こうして見ると
リサって本当に作風の幅が広いですよね〜。
どれもすごく味があるところが好きです。
きっとお人柄が出てるのでしょうね。

御年80歳の今も
バリバリ現役で創作に励んでおられるのだとか。
憧れの女性です







まかないレシピ

もう書店に並んでるそうですが
ちょっとだけお手伝いした
本の完成品が送られてきました。

『京の名店 まかないレシピ』
ワード編/光村推古院刊

11まかまい本

和食はもちろん中華やイタリアンなど
京都の有名な料理屋さんが
家庭で作れる簡単料理を
教えてくれています。

フライパン1つでできたり
火さえも使わないような
手軽で美味しいお料理ばかり。
プロならではのちょっとしたコツも載ってます。

スケジュールがうまく合わなくて
40軒のうち6軒しか手伝えなかったのですが
どのお店の取材もすごく楽しくて
勉強になりました。

取材先に教わった料理は
家でぜんぶ作ってみましたが
なかなか好評でした〜。
それ以外のレシピも美味しそうなので
順番にチャレンジしてみたいと思います。

久々に本の仕事させてもらったけど
やっぱり本はいいなあ……。
本好きなので
完成本を見るだけで嬉しくなってしまいます。

この1冊のなかに
大勢の料理人、編集者、カメラマン、ライターなど
色んな人の思いや努力や苦労が
プロの技とともにぎゅ〜っと詰まってるんですよねえ……。

編集者は昔の職場の同僚で
声をかけてくれてすごく嬉しかったです。
お店の惜しみない協力もありがたいことでした。

さまざまなご縁に感謝するばかりです。


夏の旅行〜その3・金沢21世紀美術館編〜

最終日の3日目は大好きな金沢21世紀美術館へ。

正直現代美術は良くわからないのですが
この美術館自体の空間が大好きなんです〜♪

8-23美術館5

8-24美術館2


この日は3つの企画展を開催してました。

8-24美術館1

もちろんすべて、じっくりしっかり見学。
町の観光は3年前に来たときに一通りしたので
今回の金沢は美術館だけをのんびり楽しむことにしたんです。

美術館のカフェでランチも食べたので
4時間も滞在してしまいました。

レアンドロの〈スイミング・プール〉や

8-23美術館6


タレルの〈ブルー・プラネット・スカイ〉
といった常設展もバッチリ楽しみました

8-23美術館3

この日は天気が悪かったので
ブルー・プラネット・スカイならぬ
グレー・プラネット・スカイでしたね。


ミュージアムショップでは
「乙女の金沢展」もやっていて
金沢の美味しいもの、可愛いものが
どっさり並んでいました。

甘納豆屋さん「かわむら」の
ひよこ豆の甘納豆と和三盆くるみを購入。
前に友達にここの甘納豆をいただいたことがあって
とっても美味しかったので買ってみました。
パッケージも可愛いですね。

8-24甘納豆

企画の素になった本『乙女の金沢』も買ってしまいました。
また来るときの参考にします。

8-24乙女の金沢


あっという間に夕方。
金沢駅に立ち寄ってお土産を買って帰宅しました。

お気に入りのお菓子もしっかりゲットしましたよー。
「かいちん」というゼリーのお干菓子です。
めちゃめちゃ可愛くて食べるのがもったいないです〜。
(でも結局食べるんですけどね)

8-24かいちん

「かいちん」って金沢の言葉で
「おはじき」という意味なんですって。
色も形も乙女心をビシビシついてきます。

今回の旅は高山や奥飛騨、白川郷や五箇山など
初めて訪れるところがいっぱいで
新鮮な楽しさがありました。

里帰り(2泊3日)+旅行(2泊3日)で
めちゃめちゃハードな1週間でしたが
なんとか無事に楽しめて良かったです。

なんか海外旅行をしてきたくらいの
充実感+疲労感がありますが……(笑)

帰ってすぐの締切仕事も無事に終わったし
今週はほっと一息。
しばらくゆっくりのんびりしたいなあ〜。
ずーっと家にこもって手芸や読書に浸りたいです。










夏の旅行〜その2・白川郷&金沢編〜

2日目の午後、高山を後にして向かったのは
世界遺産の白川郷です。

8-23白川郷3

ココも初めて訪れるのですごく楽しみにしていました。
田んぼの景色が和みますね〜。

8-23白川郷6

8-23白川郷2

和田屋さんも見学。

8-23白川郷4


2階では合掌造りのスケールに圧倒されました。

8-23白川郷5


それからものすごーーく暑かったけど
村を一望できる丘にも登ってみました。
きれいですね〜。いい景色!

8-23白川郷1

後からここには車で登れることが分かり
ガクゼンとするわたしたち(笑)
でも汗だくで歩いたことのほうが思い出に残りますね。
すっかり日焼けしてしまいました。

白川郷のあとは
同じ世界遺産である五箇山の
菅沼合掌造り集落にも立ち寄りました。

夕方だったせいもあり人もまばら。
白川郷に比べてこちらは何とも静かな雰囲気でした。

すごく懐かしい風景です。
日本昔話ですよね。

8-23五箇山2

8-23五箇山1


しかし白川郷も五箇山も
合掌造りの建物が違うだけで
田んぼと山の風景は
義母の故郷にめっちゃ似ているんですよねえ…(笑)

「田舎みたいやな〜……」
「何日か前に見た景色と似てるよなあ……」
と言い合うわたしたち。

こういうところは都会の人ほど
感動が大きいのかも知れませんね。


さて、日本の原風景を満喫した後は金沢へ。
この日は繁華街のホテルに宿泊しました。

夜ごはんはホテル近くの料理屋さんでいただきました。
今が旬の白海老やガンド(若いブリのことだそうです)の
お造りを味わいました。

8-23おつくり

めちゃ新鮮で分厚〜い!!
美味しかった〜。

金沢の名物料理「鴨の治部煮」もいただきました。

8-23じぶに


写真取り忘れましたが
ノドグロ(アカムツ)の焼き物も絶品だったし
旬の加賀野菜である「金時草」や「加賀太きゅうり」
もばっちりいただきました。
魚も野菜も名物をしっかり味わえて、大満足〜

2日連続でごちそうを食べてしまいました。
バチが当たりそうです。

それにしても2日目は
高山、白川郷、五箇山、金沢と
盛りだくさんな1日となりました。




夏の旅行〜その1・高山編〜

土日は仕事があって日記が書けませんでしたが
金曜の夜に高山&金沢旅行から帰ってきました〜。

行く前にブログで愚痴ったものの
結局しっかり楽しんでまいりました……。
いつものパターン通りですね……ははは

1日目は高山に泊まりました。
高山、古い街並が素敵ですね〜。

8-22高山3

到着してまずはお昼ごはん。
風情あるお店でおそばをいただきました。

8-22高山1

8-22高山2

そして、ホテルにチェックインする前に
まずは足を延ばして
新穂高ロープウェイへ。

高山から新穂高ロープウェイまでは車で1時間弱ほど。
奥飛騨の温泉郷を抜けていくんですね。
道中はずっと高地なのでとても涼しくて
気温はなんと22度〜24度!!

35度の京都から来たのでテンションがあがります。
窓をあけて涼しいドライブを楽しみました。

新穂高ロープウェイは2台を乗り継いで
2156mの山頂まで一気に登っていきます。
わたしたちみたいな観光の人はもちろん
そこから登山にでかける人たちもたくさんおられました。

すごいスケールです〜。

8-22ロープウェイ5

まわりも高い山ばかり。
山頂からの景色に期待が高まります。

8-22ロープウェイ6


山頂に着くと気温はなんと15度!!
でも霧と細かな雨で景色は何も見えませんでした(笑)
せっかくなので、一応記念写真を撮ってみました。

8-22ロープウェイ3

周囲には大きな山がいっぱい
そびえ立っているハズです。
たぶん。

しかし暑がりのダンナは
寒いくらいの涼しさに大喜び。

山頂では小さな園地があり、散策も楽しめましたので
結局登ってから降りるまで2時間ほどを過ごしました。

もし高所恐怖症でなければ
帰りのゴンドラは前に乗ることをオススメします。
かなり急な傾斜なので
奈落の底に落ちていくみたい。
ちょっとスリルがあって
思わず声が出ちゃいました。

「うわあ、こええー!!」
と騒いでる家族連れのお父さんもいました。
きっと高所恐怖症なんでしょう。

8-22ロープウェイ


ダンナは最前列に腰掛けてかぶりつき。

8-22ロープウェイ2

なかなか楽しい雲上の旅でした。

それからまた涼しいドライブを楽しんで高山に戻り
ホテルにチェックイン。
ホテルアソシア高山リゾート、というホテルでしたが
とても良いところでした。

天気悪いですが部屋からの眺めはこんな感じ。

8-22ホテルからの眺め

高山が山の中の盆地であることがよく分かりました。

お部屋も広々〜。

8-22ホテル

お風呂も景色が良くて
温泉なのでお肌がツルツルになります。

スパの温泉を貸切風呂で借りましたが
森が見渡せる半露天の檜風呂で
シャンプーやボディソープもアロマのすごく良い香りがして
夢のようにすてきでしたー。
バリ島みたいだったなあ……。
大満足
エステは高価なのでちょっと勇気がでませんが
この貸切風呂はまた入りたいです〜。

そしてお楽しみの夕食タイム。

ご飯は飛騨牛もいただける懐石料理でした。
とても凝っていて、美味しかったです〜。

8-22ごはん3

8-22ごはん2

8-22ごはん1

昨年の三朝温泉に続き
良いホテルに泊ることができました
また高山来るならここに泊りたいです。


2日目の午前中は高山の町を散策。

朝市やお土産屋さんをのぞいて
お買い物を楽しみました。

わたしは飛騨家具のお店で
端材を使った小物を買いました。

ホワイトアッシュの一輪挿しに

8-23高山みやげ3



針刺し…
待ち針をいっぱい刺したらハリネズミになるんですね。

8-23高山みやげ2


サクラやブナの木のボタンも

8-23高山土産2


モダンな家具も素敵だったし
トレイや時計などの
可愛い物もいっぱいあって
木モノに弱いわたしにはたまらんお店でした〜。

それから町家カフェ「cafe青」で休憩。

ここ大好きです!!
古い町家の豪邸にモダンでおしゃれな飛騨の家具が配してあって
ものすごく居心地が良いんです〜。

8-23カフェ3

8-23カフェ1

上品な唐紙の壁も素敵でした。

8-23カフェ4


目にするものがすべて上質って
幸せな空間ですよねえ〜。

しかも空間だけじゃないんです。

くずきりを頼んだのですが
これがまたすごく美味しかったのです!!

自家製の柑橘シロップがすごく爽やかで
つるつるのくずきりも絶品でした。
レモンのすっぱさがすごく良かったです。

8-23カフェ2

後からガイドブックを見ると
お洒落なだけでなく
素材や調理法にもすごくこだわったお店みたいで
とても納得してしまいました。
違うメニューも頼んでみたいなあ……。

こんなお店が近所にあったら毎週通いそうです。


高山っていうと勝手に民芸調な感じをイメージしてたのですが
ホテルのスパといい、木の小物といい、カフェといい
洗練されたものがいっぱいあるのに驚きました。
さすが有名観光地だけありますね……。

今度はゆっくり高山だけを訪れて
もっとじっくり楽しんでみたいなあ。
陣屋なども見学してみたいです。



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ