smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2011年10月

ハロウィンのマフィン

土曜日は小学校からの友達たちとバーベキューでした。

とても家庭的で何でもパーフェクトな友(でも何故か独身)が
スイーツを焼いてきてくれました

ハロウィンのカボチャマフィン……!!

10-28BBQ

かっ、カワイイ〜ッッ!!!
そして、美味しい〜ッッッ!!!

うまれてはじめてスイーツを
「自分でも作ってみたい!」と思いました

金曜の夜ライブに行って帰ってから数時間だけ寝て
深夜から朝まで原稿を書いて
なんとか締切りを1本クリアしてからバーベキューに行ったので
正直ヘロヘロでしたが
(肉を焼きながら眠気がしてくるという初の体験をしました……)
頑張って遊びに行ったご褒美をもらった感じでした。

しかし終わったとたん電池切れに……。

帰りの車ではついに爆睡
帰宅してからもずっとうたた寝
やっと起きて風呂入ったけど風呂の中でも寝てしまい
風呂からあがって原稿書くはずが
やっぱり書けずに寝てしまいました……(笑)

毎日寝不足なうえに
無理やり遊びの予定をこなすのでヘロヘロ〜(笑)

でも翌日の日曜も昼から夜まで
猛烈ハードな取材をバッチリこなしてきました。
そしてまた帰ってから原稿書き……。ふぅぅぅ〜。
日曜分の締切原稿も無事完了。

仕事ラッシュウィークもやっと半分まできました。
あと2本終われば、通常営業に戻れます。
がんばるぞーーーー。







サンボマスター 究極ベストツアー後半戦

金曜の夜はお友達のナホさん夫婦に誘ってもらい
ライブにでかけてきました。

「サンボマスター  究極ベストツアー後半戦」

10-27サンボマスター


夏にフェスで観てから
すっかりファンになってしまったのですが
やっぱり単独ライブも素晴らしかったです。

ロックの単独ライブに行ったのは生まれてはじめて。

チケットには見慣れない注意書きが……
「ダイブやモッシュ等の危険、水まき行為は禁止します」
えっ、野外じゃなくてもあのノリなの?
ドキドキ…(笑)

始まってすぐに山口さんが
「いいか、女の子は怪我させないこと!」
と言っててまたびっくり(笑)

でも無事に
隅っこの安全地帯で安全に楽しんできました〜
汗びっしょりになって踊って歌って
福島の歌に涙して
帰ってきました。

シンプルな言葉がソウルフルな歌声に乗ると
とてもストレートに心に届くなぁ…と思いました。
音楽ってすごい。

「オレアルフィー好きだぁ。アルフィみたくなりて」
とつぶやく山口さんの福島弁が可愛かったです

ある朝の会話

数日前の朝
石川遼君に彼女がいるというニュースをやってました。

それにしても、毎年数億円を稼いでくる人と
ケッコンするってどういう気持ちなんだろう…?
とふと思い、夫婦でそんな会話になりました。

もしダンナが毎年数億も稼いできたらどんな感じなのかなあ…
かなり真剣に考えてみましたが、想像もつきません。

「うーん、わたしそんなお金使い切る自信ないわぁ…」
と言うと
おもむろにダンナがわたしの隣りに腰掛け
真顔で
「あんな、namiusa。
 稼いだお金はぜんぶ使わなくてもええんやで」
としみじみ諭すように言いました。

冗談のつもりで言ったのに
冗談に取ってもらえなかった…
日頃の行いの悪さが身にしみます(笑)

それにしても
忙しい朝にダンナがソファに座るのは
たいへん珍しいことです。

よっぽどショックだったのかしら〜
それとも腰が抜けたのかしら〜?

niwa yumiko かっぽう着展

モーネさんでは
セキユリヲさんの展覧会と同時に
丹羽裕美子さんの「かっぽう着展」も開催されています。

「え、これがかっぽう着!?」
と言いたくなるほどお洒落な作品がずらりと並んでいました!!

10-24にわさん4

10-24にわさん3

縫製も素晴らしく美しかった〜。さすが丹羽さん!!

会場ではご本人による楽しい実演販売も。
その場で好きなハギレを選び
目の前でくるみボタンの髪留めを作ってもらえます

10-24にわさん1


どれにしようか迷うほど色とりどりの生地に
胸がワクワクしちゃいますよ〜。

小さなお客様も
じっくりこだわってハギレを選んでいました

10-24にわさん2


わたしも1つオーダー。
台紙の紙も素敵でテンションあがりますね〜。

10-24にわさん5

この布は、前に丹羽さんに縫っていただいた
ブラウスのハギレなんです。
ブラウスとコーディネートして使うつもり。
あー、絶対可愛いと思う!! むふふ〜

丹羽さんの「かっぽう着展」も
セキさんと同じく30日(日)までの開催なのだそう。

気になる方は覗いてみてくださいね。
今日26日(水)はお休みなので明日以降にぜひ。

バンド織り体験

日曜はモーネさんで開催されている
セキユリヲさんの
「北欧でみつけた手づくりの暮らし」展へ行ってきました。

セキさんは2009年の1年間
スウェーデンで物づくりの学校に留学されました。
そのときの日記と、北欧で学んだことから生まれた作品が
1冊の本になったのです。

ギャラリーにはセキさんが染めたファブリックや
織った布で作ったスツール、刺繍の小物など
本に紹介されている作品の実物が並んでいました。
どれも素朴な温かみがあり、とっても素敵でした。

10-23バンド織り4

展覧会は10月30日まで開催しているのですが
締切り地獄真っ最中のなか
わざわざこの日にモーネさんを訪れたのは
ワークショップに参加するため。
スウェーデンのバンド織り体験です

バンド織りとはスェーデンの紐を織る技法で
片方は自分の腰
もう片方は椅子や柱に
糸をくくりつけて紐を織るもの。
8月に東京で体験してきた
フィンランドのピルタナウハ織りとよく似ています。

募集に気づいたときはもう定員になっていて
キャンセル待ちで申し込んでいたのですが
チャルカさんの「ハンガリー刺しゅうと東欧雑貨展」に
偶然立ち寄れた日の夜
キャンセルが出た旨をご連絡いただきました。
(まさに手芸ラッキーデー!!
 手仕事の神様ありがとうございます

セキユリヲさんのデザインも大好きですし
バンド織りはセキさんの本を読んでから
一度ぜひ体験してみたいと思っていたので
喜びいさんで参加してきました〜。


この日教えていただいたのは
バンド織りのなかでもカードを使う「カード織り」。

セキさんが発刊されてる
季刊サルビアvol.17」に紹介されていますが
こんな感じです。
  ↓  ↓  ↓

10-23バンド織り5


これで織物ができるなんて不思議ですよね〜。
本ではなかなか分からなかった原理ですが
実際にやってみると
前よりは理解できたような気がします。

いろいろな糸や色のセットが用意してあり
好みのものを選ばせてもらいました。
わたしが織ったのは、コレです…

10-23バンド織り2


ちょっとガタガタしてますね

10-23バンド織り3

でも風合いも色も温かみがあって
これからの季節にぴったりの紐が出来上がりました〜。
何に使おうかなあ……
バッグの持ち手とか可愛いかなあ。

他の皆さんの作品と記念写真〜。
みんな素敵ですね〜。

10-23バンド織り1


はーー楽しかった。

あっという間の2時間でした。
でも2時間で、こんな長さの紐が完成するなんてすごいですよね。
編み物より早いかも知れません……。

いろいろ糸を変えたり、色を考えたりして
自分でも挑戦してみたくなっちゃいました。



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ