smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2012年07月

梅とあんず

毎日暑いですね〜。

この3日ほどは家にこもって
梅を干しておりました。

7-30梅干し

今年も無事に干せて嬉しい(涙)
仕事のスケジュールと
3日連続の晴天を合わせるのって
けっこう難しいんです。

さっそく夜に出来立てを食べてみましたが
柔らか〜くて、旨味もあって
震えがくるくらい酸っぱくて
なかなかいい感じです

また、先週は今年もお取り寄せしたあんずで……

7-8あんず


ジャムも煮ました。

8-2あんずジャム

大量〜
しかもウチには白砂糖が無く
茶色い砂糖で煮たので
色がちょっと茶色っぽくなってしまいました。

今年は砂糖の量に気をつけたので
ジャムらしい味にしあがっております。
ヨーグルトに入れて楽しんでます

8-2あんずジャム2

幸せな一日

27日の金曜日はお友だちのYOUちゃんちに
遊びに行ってきました

そろそろ5ケ月になるベビーちゃんは
ピンクのワンピでおめかしして待っててくれました
ラブリーすぎて鼻血でそうでした(笑)

とっても愛嬌があってよく笑い
笑顔がもう死ぬほど可愛いいのですが
なかなかうまく写真に撮れません(くそう)。
赤ちゃんの写真って難しいですね〜。

でもぐっすりお休み中の写真は撮れました!!
はあああ…カワイイ……。

7-29ゆうなちゃん

ああ…この写真をデスクトップにして毎日眺めていたい……
横イチで撮れば良かった……。

YOUちゃんと会うのは6月以来。
そのときはあまりゆっくり話せなかったので
今回は思い切りおしゃべりも満喫しました

おしゃべりしながらかぎ針編みもしました。

やり方をYOUちゃんに教えてあげたのですが
人に教えるって難しいですねえ……。
でもスジが良いし
「楽しい〜!」と言ってるので(それが一番大事!)
すぐに上達すると思います。
今から頑張れば、おくるみ編めるよ〜!!

何とも充実の幸せな1日でした。
YOUちゃんありがとう。

それにしても、赤ちゃんの成長って早いですね〜。
うっかりしてると
すぐ大きくなってしまうので
「また近いうちに行かせてもらおう……!」
と企んでおります(笑)




真夏の神戸にて

26日(木)は猛暑のなか
朝7時に家を出て
兵庫県三木市にあるガーデンショップで
園芸本の打ち合わせ。

夜遅くまでかかるのを覚悟して出かけたのですが
コンセプト大どんでん返しにより(笑)
アッサリ昼に終わってしまいました〜。

またイチからにはなりますが
色んな懸案が解消し、方向性も見えたので
結果的には良かったと思います。

打ち合わせが済んでから
出版社の方とガーデンショップでお買い物。

今ベランダが緑しかないので
小さな小さな花を2つ連れ帰りました。
やっぱり夏は白いお花に惹かれますね〜。

8-1白い花1

これは「フェアリースター」。
極小輪のニチニチソウです。

8-1白い花2

こちらは「エンジェルラベンダー」。
ハンギングなどに向くそうです

偶然にも2つともファンシーな名前ですね(笑)

そして炎天下の三ノ宮で
出版社の方と解散。

朝も早かったのでもう帰ろうかとも思ったのですが
折角神戸に来ているので
思い切って「ヴェアルセ」さんへゆくことにしました。

「ヴェアルセ」さんは北欧の手芸グッズ(刺繍図案や毛糸など)や
北欧のアンティーク雑貨など
わたしの好きなモノばかり並んでるお店です。

三ノ宮の駅前から
お店のある元町の海岸通までは徒歩で15分ほど。
ふだんなら大したことのない距離なのですが
大量の仕事の資料と植木をぶらさげ
炎天下の中を歩く15分はかなり辛かったです。

汗だくだくになって、到着!  
するとなんと
「ヴェアルセ」さん定休日でしたぁぁ〜ひえ〜(涙)

火・水・木が定休日なんだそうです。
神戸にはふだん土日にしか出かけないので
そんなにたくさん休んではることを
意識しておりませんでした

ホントは近所のお店なども覗いてみたかったのですが
もうすっかり戦意喪失。
「ヴェアルセ」さんの隣のカフェでお茶して
京都に帰ってしまいました。
やれやれ……。

今週火曜も神戸ですが、やっぱり定休日なので
リベンジも難しそうです(涙)

ちどりやさん最後の日

毎日暑いですね〜。
そんななか、先週も活動しておりましたが
あまりの暑さに帰宅後はグッタリして
ブログが書けませんでした

24日の火曜日は、この日にお店を閉められる
京都ちどりやさんの馬町本店へ
お友達であるフードコーディネーターの原敬子さんと
お邪魔してきました。

お店を創業し、ずっと経営してきたお父さんと
看板娘だった長女の延さんへ
お花を持って行ったのです。

何しろお父さんが、舞妓さんや芸妓さんのための和小物の店を
はじめたのは1949年(昭和24年)。
84歳の今日まで64年お商売を続けてこられたわけです。

自分の生涯そのものといえる仕事から引退するって
どんな気持なのでしょうか。
とてつもなく淋しいのではないのかなあ……。
少し考えただけでも
胸がいっぱいになります。

オシャレなお父さんには赤系の花束を
キュートな延さんにはピンクの花束を持ってゆきました。

お父さんお母さんも、延さんも
わたしたちが贈ったお花を
とても喜んでくれました

そして最後の記念に愛用している「椿油」と
このコをお買い上げ。

7-28ちどりやさん2

FUJICCOさんという作家さんが
靴下で作っているぬいぐるみです。
目がキラキラしててかわゆいです

帰りにお父さんから
すかさずお返しをいただいてしまいました

7-28ちどりやさん

かなわないなあ……。

こういうところが、京都で長年お商売をされている方の
すごいところですね……。

ちどりやさんのご家族は
いつもとても細やかな気遣いに溢れていて
わたしはそのたびに感動し学ばせていただくのですが
最後の日もやっぱりそれは同じでした。

まだ銀閣寺にお店があるとはいえ
大好きな馬町店が無くなってしまい
とっても淋しいです。



初収穫しました

ゴーヤが大きくなりました

7-23ゴーヤ1

今年初収穫〜
例年より大きいです。
倍くらいの長さがあります。

7-23ゴーヤ2

でもその分あんまり実がついていないのです。

去年は30個くらい採れたんですが
今年は少ないのかなあ……
2個で終わりませんように……(涙)

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ