smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2013年12月

ラッキーデー

27日は今仕事をしている大学の取材で
チア部の発表会を見学してきました。

これがもう素晴らしくって……!!
ものすごくレベルが高くて
彼女たちが学生時代をどれだけチアに捧げてきたかが 
素人のわたしにも分かるほどでした。

なかでもバトンを担当する学生たちは
体型がバレリーナみたいに均整が取れていて美しかった。
きっと小さな頃からバレエや体操をやってきてて
今もバトンを猛練習しているのでしょう。

舞台の演技はもちろんですが
仲間たちの熱い友情も胸にせまるものがありました。

途中でみんなの思い出の写真が
スライドで紹介されました。
試合や合宿、練習の場での
真剣な表情やふざけている姿……
それはチアにかける青春そのもの。

ああ、この子たちは毎日練習して
休みの日はこうやって応援や大会に出て
みんなで一生懸命部活に打ち込んできたんだなあ……
と、彼女たちのこれまでの日々を想像すると
じーーんとなりました。

最後にこの発表会で引退する
4年生と短大2年生の挨拶がありました。
わたしが取材する学生もそのうちの1人です。

ずらりと並んだ引退組の中央にいる部長が挨拶。
部長が想いを語るうちに、部長も他の子たちもみんな涙、涙。
後輩たちも泣きながらメッセージを送ります。

もちろんチアなので、みんな基本は笑顔。
一生懸命笑顔をつくりながらも
取材対象の子の目がうるうるしているのを見たら
わたしのほうが涙が止まらなくなってしまいました(笑)

隣りにいた代理店の担当者とカメラマンがびっくりしてました。
恥ずかしかったーーーー。
こんな歳になって
人前でポロポロ落涙するなんて。しかも仕事中に!!

彼女の学生生活を綴るために
すでに取材でチアへの想いは聞いていたし
どれだけ頑張ったのかも知っていたので
他の2人より思い入れが強いのは当然です。
さらに彼女の物語を書くために
自分の気持をなるだけ近づけ寄り添おうとしているので
余計そうなるんです。

わあーひかないでー。
この共感力と妄想力がないと
ライターはできませんのですーーー!!
と、2人に言い訳したかった……(涙)

でもまぁ、「歳のせいで涙もろい」「寝不足で疲れていた」
というのが一番大きな原因かも知れません(笑)


終わってから大学案内の編集者さんに電話したところ
数日前に入稿した原稿をホメていただきました。

実は同じコーナーの他の原稿で
数週間前に厳しくダメ出しをされており
自分の不甲斐なさに落ち込んだり
文体のテイストや方向性に関して悩んだり 
しばらく悶々とした日々を過していたのです。

長丁場のハードな日々にヘロヘロになってて
クオリティが低かったのもあります。
でも、それは言い訳にはなりません。
この仕事は結果がすべて。

先月は別の雑誌で原稿をホメてもらったり
読者から反響のお便りがたくさん届いていると教えてもらったりして
めっちゃくちゃ浮かれてたのですが……
一体なんなんだ、このメンタルの乱高下は。
調子に乗るとすぐガツンと頭を打たれる…… 
わたしの仕事人生、これの繰り返しです(笑)

この日ホメていただいたのは
そこから気を取り直し精一杯工夫して
求められているテイストを目指して書いた原稿でした。
良かったーーーー合格点もらえました。 
これで他の原稿も何とかなりそう。
本当にほっとしました。


おまけにもう一つ、ものすごく嬉しいことがありました。

実は11月からずっとミッチリ大学案内をやっているせいで
他の仕事との両立がかなり厳しいのですが
12月後半からまたもや2本の仕事が重なり
1月6日(月)に提出しなければならない原稿を
8本も抱えておったのです。

年末や4・5日はもちろんのこと
正月三ヶ日もやらないと間に合わないかも知れない……
という状況でした。

ところがこの日に
・交渉成立で1本
・発刊延期で3本
・追加取材発生のため1本
の締切が延びまして……

1月6日(月)出しは3本になりました!

やったぁぁぁーーーー。
これで正月三ヶ日は休めるーー……!!!
良かった良かった(涙)

学生たちの発表会に感激し
しばらく悩んでた問題をクリアし
おまけに締切が5本も延びるなんて……
なんて幸せな日なのかしら……!!

ラッキーデーって、こういう日を言うんだろうなあ 

BONNE RECOLTEさんでディナー

映画を観たあとはお友達のナホさんと待ち合わせて
お食事に行ってきました

お店は夷川にある「BONNE RECOLTE(ボンヌ・レコルト)」さん。
とっても美味しくてお値打ちのお店でした。

アラカルトを二人でシェアして4品いただきました

前菜は、海鮮のカルパッチョ。

12-19ごはん1


この日のお魚は、ホウボウ。
白身魚ですが脂がのってて
新鮮でとっても美味しかったです。
お野菜がまた新鮮でしっかりとした味があり
良いものを使っておられるのが伝わってきます。

2皿目も前菜で
シェフの手作りソーセージ。

12-19ごはん2

本日出来たてということでした。
ジューシーで風味も良かったです。
手作りのソーセージってやっぱり美味しいですねー。


お魚料理は、帆立を白身魚でくるんで揚げたもの。

12-19ごはん3

外側にまぶされた細いパスタがパリパリして楽しいし
ソースもクリーミーで美味しい。
もちろん帆立もお魚も新鮮。
贅沢で手のこんだ一品でした。


お肉は、ホロホロ鶏。

12-19ごはん4

ホロホロ鶏は初めてでしたが
鶏肉に似ていて食べやすかったです。
野菜の天ぷらもガツンとボリューミーで
スパイシーなソースも新鮮でした。

ふーーーーー。
満・足

美味しいお料理をゆっくり食べながら
ナホさんと思う存分おしゃべりできて
とても幸せなひとときでした。

これでまたしばらく頑張れそうです。
ナホさん、ありがとーー!!

『世界一美しい本を作る男』

相変わらず、昼も夜も土日も仕事です……
一人ブラック企業絶好調。

この3連休も、イブもクリスマスも毎日原稿書き。
イブには取材も入ってます。

それどころか、正月休み明けまでノンストップ。
三ヶ日だけは何とか休めそうです。

待ったなしの状態が2ケ月続くとかなりキツいです……。
クオリティは落ちるし、スピードも遅くなるし
納期を間違うなどのミスも連発。

各クライアントにまんべんなく迷惑をかけており
「あ……これはキャパオーバーだな」
と先週ぐらいに気づきました(遅ッ)。

そんななか、山盛りの仕事を放り出し1日休んで
映画に行ってまいりました。

『世界一美しい本を作る男 〜シュタイデルとの旅〜』

シュタイデル

良かったです。

昔から印刷の仕上がりに一喜一憂してきた身からすると
シュタイデルさんの本づくりは理想の姿。
自社に印刷工場があり
校正ではなく試し刷りでチェックできるなんて
本をつくるアーティストにとっては夢のような環境です。

一般の印刷が既製服なら
シュタイデル社の印刷は自分の理想をパーフェクトに形にできる
オーダーメイドの洋服なんだろなあ……。

アーティストの想いをくんで
的確にアドバイスしていくシュタイデルさんは
めっちゃカッコいい仕事人でした。

インクと紙の匂いをかぎ
ページを撫でさするような本好きにとって
たまらない映画でした。


ふーーー。
ちょっと元気でました。

京都ではみなみ会館で27日までの上映。
ご興味あるかたは、お急ぎやすー。





寝不足ヘロヘロ丸

追いつめられてきました。

今とある大学の大学案内の仕事をしており
週の半分は取材に飛び回る日々を送っています。

残りの時間で別の仕事の取材や原稿書きをするのですが
取材に行けば行くほど書く原稿も増えるわけで
いろいろな仕事が重なってくると
どうにも時間が足りなくなってきます。

土日も原稿書いてるし
夜も帰宅してから深夜や明け方まで原稿書いてるけど
それでも追いつかないのです。

今週はとくにハードです。
週4日も取材に行かねばならず
仕事も3本重なってしまいました。

毎日原稿の締切日が続いてて
取材から帰ったあと
毎晩1200字を一本ずつ書いています。

明け方まで原稿書いては少し寝て、また取材へ。
数日続くと駄目ですね……。
寝不足ヘロヘロ丸〜。

でも体が大変なことをのぞけば
とても充実しています。
いろんな人と会ってお話しを聞くのはすごく楽しいし
1200字の原稿は書きがいがあります。

今週はもうご飯作ってる時間さえ無いので
買ってきたお惣菜ばかり並べてるし
掃除も洗濯も正直サボってますので
起きてる時間のほぼ100%が仕事。

電車の移動中も
資料を読んだり、原稿を推敲したり
どうしたらもっと上手く書けるのかをずーっと考えたり。

あまりに夢中になりすぎて
自分の年齢や主婦であることなどを
キレイさっぱり忘れているときさえあります。

こうなってくると
仕事というより遊んでるみたいなもので
とっても楽しい(体がシンドイのをのぞけば)。

毎日書くことについて考えることができて
すごく幸せです

もっともっと工夫できるし
もっともっと進化できる。
そう思って今夜も1200字の原稿を書いてます。

よい作品が書けますように!!




宇宙一の幸せもの

今年の紅葉見物は毘沙門堂でオワリかーーー……
と凹んでたところ
友人のライターあんこちゃんが
「朝活で東福寺へ行こう」
と誘ってくれました。

そこで朝9時に東福寺へ。
すでに大勢の観光客がこられてて
ビックリしちゃいました。

11-27東福寺

もう終わりがけかなーーー
葉っぱもちょっとチリチリですね。
桜よりは時期が長いとはいえ
やっぱり紅葉もベストの時期はほんの一瞬ですね。

年々葉っぱが枯れ枯れな感じがするのは
夏の暑さが過酷になっているからでしょう。
10年ほど前の紅葉は
もっとみずみずしい葉っぱで
色もしっとりしていたと思います……。

紅葉と人出を満喫したあとは
塔頭の一華院さんで庭を眺めながら
椿堂さんのお抹茶とお菓子をいただきました。

11-27お寺


この段階で朝10時。
ゆえに貸切〜。わーーーい。

11-28お寺

外の喧噪が噓のように静かで、心洗われました。
早起きは三文の得ですね。
あんこちゃん、ありがとう!

午後からはお仕事で、取材を2件。
そのうち1件は
有名な漫画家の先生にお話を伺うものでした。
創作のヒントになる深く貴重なお話の数々に
編集者さんと大感動〜

道中の車のなかでは
前回書いたわたしの原稿が編集部で評判良かったことや
先月発売された号の担当記事に
読者さんから反響のお手紙がたくさん届いてることなどを
聞かせてもらいました
うれしくてうれしくて
助手席で小躍りしてしまいました

もちろんどっちも取材対象の方が素晴らしいし
編集部の企画も良く
写真も良いおかげなのですが……
でもちゃんと読者に
その人の素晴らしさを伝えることができたんだなー
と思うと感無量です……。
生きてて良かったです……マジで。

そして夢心地で帰宅すると
フランスのTchierisuさんから
こころ温かなお手紙と刺繍の図案とお菓子が届いてました……
Tchierisuさん、いつもありがとうございます〜!

この日のわたしは宇宙一の幸せものでした

まだまだ仕事ラッシュは切れ目がなく
取材と原稿書きでヘロヘロの日々が続きますが
おかげでなんとか乗り切れそうです。

このまま年内いっぱい駆け抜けます〜。

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ