smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2014年03月

しこた祭で幸せにひたる

先週末は自宅で料理教室を主催されている
doucementさんちにお呼ばれ。
doucementさんの手料理をしこたま食べる
「しこた祭」に参加してきました。

どのお料理も相変わらず美味しくて
さすがの一言でした〜

あさりのおから

16しこたまつり2

ニンジンと鶏肉のサラダ

16しこたまつり3

名前わかんないけど
イカのなかに美味しい具が入ったお料理

16しこたまつり4

自家製ローストビーフ

15しこたまつり

他にも
鶏の唐揚げや
お口なおしのスープ
うなぎご飯
デザート
など、超豪華!

美味しいシャンパンや赤ワインもいただきました。

大人になって久しぶりに
「お腹いっぱいで苦しいけど
美味しくて食べるのをやめられない……」
という状態になりました。
ふーーー。なんたる贅沢。

他に5人の女子とご一緒しましたが
みなさん穏やかで素敵な方ばかりで
ほっこり、楽しい時間を過させていただきました

doucementさん
ごちそうさまでした!
そして良いご縁を結んでいただき、ありがとうございます!

しこた祭、ばんざーい!!

3月の教林坊

土曜日は友人が住職をしているお寺を訪ねてきました。

滋賀県は安土にある「教林坊」です。
思うところありまして
この大好きなお寺を今年はみっちり訪問することにしたのです。

京都駅から最寄りの安土駅までは電車で約40分。
そこから歩いて1時間、レンタサイクルで25分です。
もちろん借りましたよ、レンタサイクルを。

いつも車ででかけていたので
その遠さに改めてビックリしました(笑)

駅も超レトロで時間が止まったみたい……
すっかり旅行気分です。

15教林坊9

教林坊は秋の紅葉の美しさで知られており
ライトアップもしてはります。

3月に行くわー! 
とはりきるわたしに住職は
「来ても何にもないで」
とクールに言っておりました。

ホントかな〜?
いつも青もみじと紅葉の時期しか行ってないけど
絶対あると思うなあ。
だってあんなにステキなお寺なんだもの。
それにこの季節、あの紅葉がどうなってるかも気になるしね。

そして訪れた教林坊は
3月もやっぱり素晴らしいところでした。

参道ではまず大きな椿が迎えてくれます。
落ち椿を数えながら山道を歩くのも楽しいものです。

3メートルはあるかという大木に驚きました。
やぶ椿って、大きくなるんですねえ……知らなかった。
椿というと、庭木のイメージが強いからかなあ。

15教育林坊8


15教林坊7


一本だけ梅も咲いてました。

15教林坊5

秋に壮絶なまでの美しさを見せてくれる紅葉たちは
まだ葉を落とした姿。
紅葉のときは葉っぱに目がいきがちて見逃していたけれど
実は貫禄ある大きな古木だらけだったことを改めて知りました。

15教林坊4

枝の先には小さな芽が。

15教林坊2

これが開いて若葉になるのだそうです。
初めて近くでみたかも。

苔むした石庭もきれい。
数日前の春の雨が
お寺全体を潤していました。

15教林坊1

庭にいると、小川のせせらぎ、鳥の声、風の音が
常に聞こえているのですが
書院に入ると、そこは静寂の世界。

春の午後の
あたたかな光がさしこんでいました。

15教林坊6

もうずーっとここに座って
お庭を眺めてぼうっとしていたいくらいでした。

住職によれば
土日は拝観しているのですが
紅葉の時期以外はあまり人がやってこないらしい。

隠れ寺って、こういうことを言うのでしょう。
有名になって欲しいような
このままでいて欲しいような……
いつも複雑な気持ちになります。

でも間違いなく
この日でまたさらに、教林坊が好きになりました。

15教林坊3



















やれやれな日々は続く……

今週後半から急に忙しくなってきました。

レギュラー仕事が3本同時に始まり
しかかり中で停滞していた映像仕事は急に巻きが入り
新たな単発仕事も飛び込んできて……

気づくと今、5本抱えています。
1本、取材日程が合わず断った仕事もあります(涙)

しまった……
時間のあるうちに進めておくべきこと
やりたかったことが
何もできていない!!

……と、売れっ子のように一瞬あせってみたものの
実は気のせい。
去年のスケジュールをチェックしてみたら
4月はまたヒマになりそうです(笑)

昨日は3時から友人の事務所で
映像物のナレーションづくり。
サクサクやったつもりですが
結局、夜10時までかかってしまいました。

帰ってから食事してお風呂に入り
急ぎのメールの返事をして 
今日の取材の準備や予習をし終えると朝4時でした(汗)

数時間だけ眠り、朝8時前に今日の取材先である短大へ向かい
午後2時まで7名にミッチリ話を聞いて……
終わったころにはフラフラ〜。

久々に忙しくなったので、体力がついてこない……。
イヤ、先日久々に苦手なギョーカイ人にたくさん会って
疲れてしまったのかも知れません(笑)

帰ってから少し寝よう……
と思っていると
また昨日一緒に作業していた友人から電話がかかってきて
電話でのやり取りで大丈夫だと言ってるのに
頼み込まれて、また事務所へ行くことになりました。
(案の定、電話ですむレベルであった)

そこでまた「変わってる」だの「常識人じゃない」だの
「そんな理想論
 ダンナに離婚されて生活かかってるなかで仕事してから言ってみろ」
だのとさんざん言われ(笑)

たとえ気のおけない旧友同士で
彼がまったく悪意などなく
むしろ気を許しているからこそ挑発的なことを言ってくるのだと
重々分かってはいても
何しろこっちもヘトヘトなので
「疲れてるなか無理して足を運んであげたのに
 なんて失礼なヤツなんだ
と、気を悪くして帰路につきました。

「人は図星をさされると立腹する」
みたいなこと、川原泉のマンガに書いてたな〜〜。
 

そして、元気を出すためにお花を買いました。

ブーケじゃなく1本ずつ選んで
久しぶりに自分でアレンジしてみました。

15アレンジ

満足……

今のわたしには
スイーツよりお花のほうが癒しだなぁ……。




やれやれな1日

今日は20代からの友人であるプロデューサーと
代理店で打ち合わせ。

詳しいことは書けないけど
社会の仕組みをまたひとつお勉強しました……
よい経験になりました。

どこの業界でも
上手に儲かる仕組みをつくったり
政治的にうまく立ち回る人たちがいて
そういう人たちがクライアントをがっつり囲い込んで儲けている。
大きな企業であればあるほど
この仕組みが多いように思います。

そういう人たちは
よいモノをつくることより
自分とクライアントの関係を壊さないことに力を注ぎがちで
制作物のクオリティは二の次になる。
そしてわたしたち制作側は
大企業の仕事になればなるほど
こういうマネーゲームがからんだ
政治的思惑に振り回され、翻弄されるのです。
このパターン、何度も経験しています。

世の中そういうもんだと
割り切って流せれば良いのだけれど
わたしも友人も
「いいものが作りたい」
「面白いことがしたい」
というのが一番大事な人間なので 
どうにも、やり切れません。

いい年をして
この業界に20年以上も関わってきて
「何青くさいこと言ってんだ」
ってことなんだろうけど。
だけど、モノ作りする人間が
その気持ちを失ったらオワリだとも思う。

友人は自分一人とはいえ会社を立ち上げているし
家族も養っているし
モノ作りはするけど、経営者でもあり、営業でもあるので
わたしよりも余計、悩みが多く深い。

去年の秋くらいから仕事の方向性で迷っており
何だか元気も失っているので
今日はしっかり話を聞くことにして
お昼ごはん、お茶とはしごして
延々3時間、語り合いました。

クリエイティブのこと、仕事のこと、営業のことなど話してるうちに
何故か人間性の話にまで及び
エキサイトしてきた友人に
「自分では普通の人間と思ってるかも知れんけど
 お前も相当変わってるぞ!」
と指さされる始末(笑)

うすうす自覚してたとはいえ
旧友(しかも一応異性)に指さしてズバリ言われると、ちょっと傷つく…… 
てか、心配して親身に話し相手になってあげてるのに、何よソレ 

わたしは自分の魂が美しい、正しいと感じる道を選ぶだけ。
自分の心をノックするものを愛するだけ。
人なんてどうでもいい。
「普通」かどうかなんて、一切興味ない。
「変わったヤツ」で結構です!!

……ま。おっしゃる通りってことやな〜……ははは……。

だから何を企画してもマニアックなってしまい
キャッチーさに欠けるんやろかねえ……
はーーーー。

友人と別れた後
今度はこれまた10年以上つきあいのある
ディレクターのあまりのだらしなさに
ついに堪忍袋の緒が切れまして。
怒りのメールを送った後
かかってきたフォローの電話にガミガミお説教。
10年間ガマンしてきたけど、今日ついに切れてしまいました。

本気で怒ったらすぐ対処しはりました。
最初っからちゃんとやれよ
結局なめられてるんだよなあ……腹立つ〜〜。

やれやれ……まったく何て日だ。

祇園オトナnight

先週金曜日は、編み友makimakiさんと
「祇園オトナnight」
を開催してきました

おんなふたりで祇園で夜遊び
「美味しいモノを食べて
 きれいなお姉さんのおられるスナックで飲む」
というツウなコースでございました。

1軒目は和食の「河道」さん。
わたしたちと同世代の女性板前さん(可愛い!)が
美味しい料理を作ってくださいます

お造り美味だったーーー
器もステキでした!

7つくり

治部煮や煮物も絶品でした。

7じぶに

7にもの

2軒目は「ロータス」さん。
やはりママ(これまた可愛い!)はわたしたちと同世代。
祇園のスナックなのに爽やかで健康的で
女性ひとりでも通いやすそうなお店でした

気づくと、お店の人も同世代の女性ばかりでした(笑)

はーーー楽しかった。
一瞬で数時間経ってしまいました。
makimakiさんとの会話はというと
編み物のこと、家族のこと……
結局、ニットカフェやってるときと同じ内容でした。

わたしが呑めないので
makimakiさんがあんまり飲んでおられなくて
申し訳なかったです。
この日参戦できなかった
ライター仲間のあんこちゃん(←酒好き)をまじえて
第2回をやろうと思います!
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ