smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

2014年09月

鞍馬寺へ

先週の祝日に鞍馬寺へ行ってきました。

23鞍馬寺


今年にはいってから
鞍馬さんの信者さんを通して
ありがたいご縁をたくさんいただきましたので
そのお礼のお参りと
「しっかり頑張ります!」の決意表明をしてきました。

行くたびに思うのですが
鞍馬寺は山の霊気がすごくて、圧倒されます……。

麓より一週間ほど早く金木犀も咲いてました。

23鞍馬さん2

この日は本堂まででしたが
次は奥の院もお参りし
ついでに山を越えて貴船まで
行ってみようと思います。


秋の宇治遠足

日曜日は仲良しの編集者さんを
地元宇治にご案内してきました。

21宇治1


まずは平等院で拝観を申込みます。

平等院は入口で拝観料を支払いまして
また中で鳳凰堂内部の見学を申し込まねばなりません。
鳳凰堂見学は15分ほどですが
人数が限られているので予約制になっているのです。

なので、鳳凰堂の中をご覧になりたい場合は
宇治に到着したらまず一番に平等院へ行って
拝観申込みされることをおすすめします。

てか
「平等院に行ったら、鳳凰堂のなかは絶対見るべきだ」
とわたしは思っています。

深遠なる表情をされた大きな阿弥陀様
手のこんだ美しい細工に目を奪われる光背や天蓋。
周囲には音楽を演奏する雲中供養菩薩が
楽し気に舞っている……。
はるか昔の匠たちが
渾身の力で再現しようとした極楽浄土の世界は
ほんとうに素晴らしいのです。

この日はものすごーく人が多く
なんと2時間待ち。
いったん外に出ても良いというので
先にぶらりと周辺を見学しました。


茶蕎麦を食べたり

21宇治2


朝日焼のギャラリーに伺ってやきものを見たり。

21宇治3

朝日焼は宇治に伝わる窯元さん。
50年〜100年寝かせた地元の土を使い
登り窯で焼いておられます!

鹿背といわれる斑点が自然に生まれるのですが
雪のような、光の粒のような
なんともいえない優しい模様なんです。
うっとりと眺めてしまいました。
ああ……ひとつ欲しいなあ。

そうこうしてるとあっという間に2時間(笑)
あわてて戻って、たっぷりと平等院を満喫しました。

22宇治5

阿弥陀様も素晴らしかったし
雲中供養菩薩には心がうきうきとなりました。

平等院ミュージアム凰翔館には
身近に雲中供養菩薩が一部移されていて
間近に見ることができます。
見てるだけでうっとり〜。

素晴らしい時間を満喫しました。

それから市営のお茶室「対鳳庵」で
お点前を拝見しながらお抹茶をいただいて
世界遺産の宇治上神社におまいり。

宇治上神社から源氏物語ミュージアムにかけての道が
わたしの一番のお気に入りです。
癒されました。(癒され過ぎて、写真撮り忘れました 笑)

宇治橋のたもとにある「通園」で
抹茶ミルクと抹茶あんぱん、茶団子もいただきました。
美味しかったー。

21宇治4


あ、稲房安兼さんで茶団子も買いましたよー。ふふふ。

夜からは宇治在住の写真家さんが開催されている
イベントにも参加してきました。

はーー楽しかった。
充実の1日でした。


前の日に落ち込むことがあったのですが
友だちに励ましてもらって何とか立ち直ったばかり。
宇治のすてきな場所や人や物に触れて
ずいぶん元気をもらえたと思います。




嬉し楽しい、アジ祭♪

気づけばもう9月も後半……

一体今月何やってたんだろう…わたしってば。

なんやかやと動いてはいるのですが
仕事もほとんど進まず、家も片付かず……
それなのに一瞬で今日になっており
ボーゼンとしております。

3連休も、基本ぼーっとしてる間に終わってしまいましたが……
真ん中の日曜は仕事を完全オフにして
日本海へ釣りにでかけてきました。

14釣り


わたしはミミズみたいな釣りエサが苦手なので
小さなエビで釣るサビキ専門。
アジばかり狙ってきましたー。

入れ食いとまではいかないものの
なかなかよく釣れました。
一度に5匹かかることもありましたよ〜。
「アジ祭〜♪」

14釣り3

偶然、20cmくらいのグレもかかりました。

14釣り4

楽しくて夢中になってるうちに
小アジ、豆アジあわせて
なんと101尾にも釣ってしまいました。

そのまま実家に直行して天ぷらに。
「釣りたて、揚げたてはウマイ!!」
と家族にも大好評〜。

でしたが。
さすがに101尾を処理し、揚げるのは大変でした。
仕事感ハンパ無し。 
最後は食堂のおばちゃんみたいな気分になってました。

みんなに好評なのは嬉しかったけど
わたしは先に母が揚げといてくれて
すっかり冷えてしまってた野菜の天ぷらが美味しかったなぁ……。

やっぱり自分の料理より
母の料理が美味しいです(笑)

ともかくまあ、久しぶりにシッカリ休みをエンジョイできました。
オン・オフの切り替えって、大事ですね。





スルドイ年下女子たち

先日、うんと年下の女性編集者さんに
「namiusaさんはいつもアツイ原稿をくださるので嬉しいです!」
と、言っていただきました(笑)

こちらこそ、わたしの熱い思いを読み取ってくださって本当に嬉しいです。
なんかもう、泣きそうです……(←この時点ですでに暑苦しい)。

そういえば、まったく別のとき
年下カメラマン女子に
「namiusaさんは癒し系ですけど、中味はロックな人ですよね!!」
とズバリ指摘されたこともあります。

…………スルドイ……。
若い頃から物づくりや仕事に関しては
まっすぐでアツすぎて周囲(とくに男子)にひかれておりました。

20代のころ
デザインに難癖をつけるクライアントの男性にキレて
「いったいこれのどこがダメなんですか!?」
と問いつめ、オフィスのコーナーに追いつめたこともあります。
(その一件で「お前アツいヤツだな!」と気に入ってもらえました 笑)

ああそうだ
数ヶ月前もクライアントさんの無茶ぶりをキッパリ断ったことがあって
「namiusaさん、すんごい剣幕やったでー。僕コワかったわー」
と一緒にいたカメラマンのおっちゃんに言われて
ショックを受けたばかり……
(必死になってただけなのにぃー……!!)

そのときはその場で別案を提案して、クライアントにも納得してもらい
後から編集者さんや代理店さんにも「namiusaさんの判断は正しかった」
と言ってもらえました。
そして
「ナイスジャッジでした!! さすが百戦錬磨のnamiusaさん!!」
と、褒めてもらいました……。

コワいとか百戦錬磨とか、全然嬉しくないっ……!!

結局、20代も今も
わたしのロックな本質は全然変わっていないのかも知れません。
コーナーに追いつめたりせず別案を提案できたあたり
少しは成長していると思っておこう……。

ああ、そういえば。
4月に友達になった22歳の女の子に 
「namiusaさんに会って
 『なんだ、この先も大人にならなくて大丈夫なんだー』
 ってほっとしましたぁ〜〜!」
と、言われてしまいましたっけ………(笑)

…………バレた……。
わたしが大人になり損ねた人間であることを
彼女はすぐに見抜いたようです。

うーーん。
うんとトシの離れた若者たちに
こうもズバズバ人間性を指摘されると
ちょっと不安になってきます。

わたし、分かりやすすぎない?
底が浅すぎやしないか?

イイ年なのに単純すぎて
恥ずかしくなってきました。

もう少し謎めいた大人の女になりたいよ……
とほほ。

月曜日の雨の森

昨日は滋賀の安土に住む友人夫婦と
木之本にある鶏足寺跡に出かけてきました。

ほんとは友人夫婦のお寺を取材しに行ったのですが
朝から雨。
わたしは撮影ができないし
住職も庭の仕事ができないしで
「それならちょっとおでかけしようか」
ということになったんです。

鶏足寺跡は湖北の紅葉の名所。
参道跡の両脇に200本の紅葉があるのだそう。
車を置いてから
森のなかへどんどん入っていきました。

月曜日の雨の森のなか。
わたしたち以外、もちろん誰もいません。
しっとりとした緑がやたら目にしみました。

1きのこ

いきなりふらっと知らない場所に行くのって楽しいですね。
小さな冒険にでかけた気分です。


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ