朝日焼の美の世界に浸った後は
光峯錦織工房で開催されている織物サロンへ。

この日のテーマは「紋意匠図」。
長く紋意匠の仕事をされている匠の方に
織物設計図や織物制作のお話を伺うことができました。

27龍村


図案をおこし、機械織の設計を作るのが紋意匠の職人さんのお仕事ですが、単に絵が上手なだけではこのお仕事はつとまりません。

織物のしくみを熟知し
組織(織り方)の仕上がりの風合いや見た目の特長
糸の個性
織り上げたときの色の効果などを配慮して
よい設計をつくらないと、よい織物にすることはできないのだそうです。

工房にはそれらの技術の結晶ともいえる
美しい織物が飾られており
見惚れるばかりでした。
思い出してもドキドキします…!

手織りでも難しいのに
自動織機となるとさらに仕組みを理解するのが難しく
「?」「?」「?」の連続です……
これからも地道に織物のことを勉強していこうと思いました。

サロンには5月に開催したいとへんuniverseのイベントに
来てくれた西陣織の織師さんたちも見えていて
久しぶりに再会も果たせました。

みんなそれぞれに頑張ってて素敵だなあ……としみじみ。
わたしも頑張ろ!