smileys〜京都と宇治と〜

namiusaです。 ライターをしています。 京都のこと、手作りしたもの、読んだ本… 日々のつれづれを記しています。

その他

剽窃とアレンジのあいだ

オリンピックのロゴの話、本当にイヤです。

パクリかパクリでないか、真偽のほどはともかく
大勢でアラを探して
安全圏から個人を総タタキして吊るし上げている
今の状況がすごくイヤです。

なので個人攻撃はしません。
でも、今回のことで色々考えさせられて思ったことを
どうしても書きたくなりました。

テーマは「アレンジ」について。

あのデザイナーさんがパクったパクってないか真偽はさておき
友人と議論をしていてモノ作りにおける
「アレンジ」「リスペクト」「サンプリング」
の話になりました。

東京オリンピックのエンブレムが
最初、ベルギーのデザイナーに訴えられたときは
「まさかオリンピックのエンブレムを簡単に他所からパクるなんて
 普通ありえんやろ。
 それにしては似ているけれども。
 偶然とはいえあんなに似るものなんかねえ……」

という感じで思っていて
別のグラフィックデザイナーの友人に質問をぶつけたところ
「シンプルな書体とデザインだから、偶然似たものができてしまう 可能性は充分ある」
と教えてもらいました。 

そしてその後いろんな事実が発覚して
サントリーはアウトだけれども
空港の写真は内部資料用だからまあ勘弁してあげてよ
とかまあ、いろいろ思うところはあったわけですが
「天下のオリンピックのエンブレムをパクるなんて、そんな馬鹿な こと誰がするんだよ?」
という気持ちでおりましたし、それは今も変わりません。
本人がどんな人なのかも知らないし、仕事ぶりも見てないのに何も言えないでしょう、ネットって怖いなあ……と。

でも……
最初に提出されたという応募作品と元ネタといわれているチヒョルト展のタイポグラフィーが並んだときに
わたしは「ああ、これをアレンジしはってんな」と思ってしまったのです。
あくまでご本人は違うと言っておられるので、わたしの感想にすぎませんが。

わたしが一番モヤモヤしたのは、自分のことでした。
「どうしてそう思ってしまったんだろう」
ということにです。
話題のデザイナーさんがパクったかパクってないかはどうでもいい。アレンジや影響を受けることとパクリの境目ってどこにあるの、というのもあるし、簡単に答えなんて出ませんから。

それを友人と議論していて、やっと自分で理解ができました。

原因は、元ネタだといわれているチヒョルト展のタイポグラフィーの圧倒的な美しさでした。

グラフィックでも工業製品でも何でもそうだけど
バランスというのは本当に大切で
一本の線、一個の丸、空間、背景、全体のライン
これらが絶妙に配置されたときに、美しく力のあるものが生まれるのだと思います。

だからデザイナーは、文字と文字をどれだけ詰めるかでさえ、ミリ単位で苦心を重ねて一番美しい場所を探す。
逆にいうと一ミリでもずれたら、ベストの形には辿り着けない可能性もあるのです。

かのブルーナさんも、ミッフィーの目を描くときは
本当に魂をこめて全力で描き入れるらしい。
(手
きなので一発勝負なのです)
少しでもずれたら、ミッフィーはミッフィーに見えなくなってしまうでしょう。
デザインがシンプルなものほど、繊細で微妙なバランスのうえに奇跡のように完成している。ゆえに、美しく力がある。

だから結局シンプルなものほど
「苦心を重ねて最髙の場所を見つけた結果が人とすごく似てしまう」
というのはあり得ると思うのです。
だってそのバランスが一番美しい「唯一の正解」の位置なのだから。
友人のいうとおり、ものすごく低い確率だけど、ゼロじゃない。

でも、アレンジというのは、その「唯一の正解」を真似るわけですから、どうしても元ネタを変えないといけない。
すると「正解」からズレてしまわざるをえないので、どうしてもオリジナルの作品より劣化する。

そういうことなんだろうなあ……。
アレンジではなくしっかり考えて作ってたとしたら
もっと違うものが生まれたんじゃないかな…と、思ってしまったのです。
 
ずっと憧れていて影響を受ける、とか。
アイデアの骨子を真似て別モノをつくるとかは
全然いいのです。
この世の中に完全なオリジナルなど存在してないし
誰だって何かしらの影響を受けているのだから。

自分なりに色々苦心したら、それが痕跡となって
ちゃんとその人なりのオリジナルになると思う。

アレンジやサンプリングも否定しません。
ヒップホップという音楽もサンプリングの塊だけど
それを超えてちゃんと二次制作になっている。

ようはモノ作りの姿勢の問題なのかも知れません。
出来上がったモノの格好良さだけを
上手にいただいてアレンジするというのは
結局、オリジナルの劣化にしかならないと思います。

それなりに時間もかかってるし、自分なりに頑張ってるはずだし。
なのに結果、誰かの二番煎じ、しかもそれよりレベル下って
そんなの何が楽しいだろうねえ、と思ってしまうのですが……。

長く広告業界に片足をつっこみ
プロアマ問わずまわりに作家が大勢いて
自分も創作の仕事をしていると
「剽窃問題」というのは常にかたわらで勃発しているものです。
あんな偉い国家レベルのデザイナーさんの話じゃなくてもゴロゴロある話です。

原稿書きでは「リライト問題」というのがあり
参考にした文章のリライトがヘタくそだったりすると
剽窃問題になったりするのです。
わたしも一度本屋で立ち読みしたお店の紹介文が
どう考えても昔わたしが書いたものがちょっとだけ変えてある文章でずいぶん居心地の悪い気持になりました。
「もうちょっと上手にやってくれたらいいのに……」
と思ったっけ。

翻っていえば、自分も資料書きをするとき、同じミスをしないようにしなければならないのです。

自戒を込めて。
ちゃんと真摯にモノ作りをしよう。
苦しんで苦しんで、ベストを尽くそう。

そう思いました。

トラブル発生

いま、とある先生の本を聞き書き作業しております。
これがけっこう大変で……

一度だけ実用書を書いたことはありますが
ミッチリ読み物を1冊やるのは初めて。
時間もなく超急ぎで進めているのですが
いやはや……そう簡単にはいかないものですねえ(涙)

まず思ったより集中力が続かず、目論み通りには進みません。
さらに、なんだかんだと別の仕事が入ります。
新しい仕事はすべて断ったり(こういうときにかぎってじゃんじゃん依頼がきます)
「お盆明けじゃないと無理なんですぅ〜(涙)」
とやりたい仕事でずらしてもらえそうなものは
お願いしてみてるのですが 
もともと持っているレギュラー仕事はそうもいかず、合間合間に差し込まねばなりません。

もちろん昼も夜も、土日も仕事
たんまに仕事関係の人と打ち合わせを兼ねた夜ゴハンを食べる以外ずっと原稿書き
とにかくひたすら黙々とやっております。

そんななか、何と事件はおきました。

先週の月曜日の早朝、パソコンがクラッシュ〜!!

雷が落ちたかのような感じでモニター画面が大きな音でバチンとはじけ
あとはうんともすんとも動かなくなってしまいました。
ひえええーーー。
バックアップ、取っておりませんでした……(涙)

数日かけて音源からおこしたインタビューのテキストも
そのもともとの音源も
原稿の下書きも
他の仕事のために書いてた文章も
取材で撮り貯めた写真や
ダウンロードで購入した編み図やなんかやんやも
すべてオジャンか……!?
という大ピンチに!!

不思議と動揺はしませんでした。
ちょうど抱えている仕事も、ラッキーにも進行中の書籍だけのタイミング。
ものすごく冷静に、すべて失ったら今の仕事がどこまでダメージを受けるかを必死に考えていました。
幸いにも聞き書きした内容は8割はプリントアウトしているので
見ながら原稿は書ける。
問題は残りの2割です。
先週一週間の作業がオジャンですが
テープおこししてすぐなので記憶で何とかできるかも知れない…
記憶も音源も完全に失ってしまった部分は
先生に謝って再取材しかない。

一番惜しいのは、個人活動で書いて、自分で気に入っていた原稿です。
ウェブ上で発表するなど、さっさと形にしなかったので自業自得です。

とにかく朝9時まで待ってAppleに電話。
担当のお姉さんが申し訳なさそうにいうには
「マシンが古すぎてサポートが終わっています」
とのこと。
 
2008年製のパソコンだからまだ7年しか経ってないのに
マシンが古過ぎて……と言われてしまい焦る。
そうか、もう古いのか。
いったいMacの消費期限ってどれくらいなんだ。
パソコンって電化製品より命の短い消耗品だったのだなあ……
などと思いつつ
「最悪本体はあきらめるからデータだけは何とか救って〜!!!」
と、ネットで検索して見つけた大阪の専門業者さんに連絡。

いやあ……その担当者の方が……素晴らしい方でした。
地獄に仏とはまさにこのこと(涙)

的確に指示をくれて相談にも乗ってくださいました。
京都店なら持ち込んでその日のうちに対応できると
言ってもらったのですが(素晴らしい!!!)

故障したのは20インチもあるデカイiMacで
車も運転できないしタクシーで運ばないとなりません。
正直その時間さえ惜しい。

もう一台モバイル用に買ったMacBookAirがあり
少しだけテキストデータが残っていたので
サブ機でできる作業を続けることにして
故障したほうのiMacは大阪の本店に宅急便で送って
電話のお兄さんに見てもらうことにしました。

そしたら何と、部品も奇跡的に残っていて修理可能とのこと〜(涙)
(古い&輸入品で、部品が無い可能性が高かったのです)
ハードディスクも相当オンボロらしく
OSもあわなくなってきているし
どちらにしろ半年か1年先くらいに
新しいのを買わねばなりません。
しかし今すべてのマシンを新しくしていまうと
せっかく救出したメイン機のデータが
バージョンがあわなくなって読み取れなくなる可能性がでてくるので
当座は修理して使いながら
サブ機Macの新しいOSの元に、じょじょに移行していくことにしました。

というわけでデータのバックアップもしてもらって
外付けハードディスクと共に送り返してもらいました。
2日後の水曜朝9時にはご帰還……
問題なく元気に復活〜
心なしかモニターがピカピカになって帰ってきた気がします……
(絶対、すごくいいクリーナーで拭いてくれたと思う 笑)

素晴らしい!!
もう業者さん、神ッス!!
ありがとうございました!!!
本当に頼もしかった〜。

しかし、メイン機が留守の間に
サブ機を使うために準備が必要となり
ワードを使おうにも外付けDVDリーダーがないため
ソフトがインストールできない(まだやってなかった 涙)
プリンタつなごうと思ったら、ドライバがエプソンから落とせず
マックのネットショップを探しまくるハメに……
というわけで、作業はやっぱり滞りました。
ガックシ。

いや、そもそも普段からバックアップ取ってなかった私が悪い。
サブ機の環境を整えていなかった私が悪い。
そういうことですね。

昔の
Macに比べたら随分お利口さんになって
フリーズしたりすることもないので
バックアップの対策をウッカリしておりました。
いやしかし、もともと、Macってすぐ壊れるんやったな
と思い出した次第。
20代の頃は作業中突然マックがフリーズして
1日かけた作業がパーに……というのもしょっちゅうでしたっけ。
そう、だからこそ、わたし今回も落ち着いていたのよね〜
慣れてんのよね。

考えてみれば、かれこれ20ン年
わたしの仕事人生はMacとともにあるのです……
歴代の職場はすべてMacだったし
自分の仕事用のパソコンも歴代すべてMac
ウインドウズは正直、使い方が全く分からないのです(涙)

My life with Apple やん……
これはちょっとわたし、自覚してなかったけど、このまま死ぬまで
Appleとともに生きる可能性があるやんか……
もうちょっと前向きに、この信用ならない相棒とうまく付き合っていかねばならないのだなあ……
もうちょっとちゃんと勉強しよう……
と改めて思いました。

やれやれ。

とにかく最小限の被害で済んでラッキーでした、と思っておきます。

修理代は痛かったけど、また稼げばいい。
でも失ったデータと信用は取り戻せないのだ。
業者のお兄さん、ホントにホントにありがとう〜(涙)






 

子どもの時間

先日両親が夏野菜のおすそ分けを届けてくれました。

image

そろそろ主婦歴15年になりますが、最近とみに「母のごはんが一番おいしいなあ」と思います。
たんなるバゲットも母に切ってもらっほうが美味しいです。毎日ごはんつくってもらいたい…。

数日後、電話で話してたら、キッチンの棚が散らかっていたことを指摘されました。はい、おっしゃるとおり(^_^;)
掃除もして欲しい〜〜。

今年も誕生しています

今年もベランダ生まれの青虫を育てておりまして
無事に羽化いたしました。

22アゲハ

この子は小さな頃から食いしん坊で
まるまる太った青虫だったのですが
大きな立派な蝶になってくれました。
感無量です。

今年は2匹蝶になりました。
これで一昨年から通算9匹。
10匹目の青虫クンが生まれていないか
毎日柑橘の葉っぱをチェックしています。
 

やっと……!!

気づくとブログの更新ができないまま
また1カ月近くが過ぎてしまってました……
皆様お元気でいらっしゃいますか?

わたくしのほうは、やっと…やっと…やっと!
たった今、ジャストナウ
11月からずーーーーーーっと続いていた仕事ラッシュから
解放されましたぁぁぁ(涙)
ほぼ5ケ月、一人ブラック企業で地獄のように働きまくりました。
な、長かったぁぁぁ……。

とくに一端気持がゆるんだ2月後半から
ヘロヘロ状態で立ち向かった
今日までがヒドかった。
体も気力もついてこなくて
集中力はすぐ切れるし
しんどくなるし、眠くなるしで
予定していた時間通りにまったく完成しない。
最後は目もよく見えなくなりました。

いろんな担当者さんをヒヤヒヤさせてしまいました……
ほんとにこれではkoumeさんが心配してくださったように
信用を失ってしまう。
取り返しがつかなくなるまえに
マジできちんと考えなければ……

いったい何年この仕事やってんだー
ほんとにナサケナイったら。

でもまあ、とりあえず。
全部なんとかクリアできました。
ボロボロになりつつも
いい原稿も書けました。

1週間ほどは何も仕事がこないはずなので
今の間にたまりまくっている
やるべきことを進めます。

そして、わたしはこれからどうして行くべきかを
本腰いれて考えていこうと思います。

仕事の受けかた
スケジュール管理
暮らしのペース

わたしはどんなふうに生きて
どんなふうに書いてゆきたいのか。
何をどう書いていくのか。

ぼんやりした妄想にリアルな羽根をつけて
どこまで理想に向かって翔けてゆけるか
こっからが正念場です。 

ご縁はたくさん集まっている。
あとはわたしがその人たちのために
素早く行動をおこすだけ。 
そのためにも
体力つけて、パワーアップして
スピードあげて、今以上のクオリティで
これまでになかったくらいの傑作を
じゃんじゃん量産できるように(笑)

カラダ、ココロ、ジカン、セイカツ。
いろんな整備をしていこうと思います。

まずは、このゴミ屋敷のような仕事部屋を片付けなければ。
運気も落ちるよなあ、これじゃあ。

でもとりあえずはまず旅行。
明日から2泊3日で久しぶりに旅に出ます。
なんと旅行も1年ぶり。
まるで打ち上げみたな良いタイミングです。
(でも不安やしノートパソコンは持っていこう……)


 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 正式オープン!
  • ご無沙汰しております(涙)
  • 秋色アジサイ
  • 追いつめられています
  • 子どもの時間
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
  • 夏がはじまりました
記事検索
  • ライブドアブログ